施設紹介特別養護老人ホーム ラスール伊達

特別養護老人ホームラスール伊達は、東日本大震災があった翌年の平成24年9月に開設致しました。

震災の際は、湖星会が運営する特別養護老人ホームみどりの郷でも建物の一部が損傷し、安全が確認できたフロアのみでお客様のケアにあたりました。また、福島県沿岸部の被災した介護施設では施設が壊滅し、避難を迫られるものの帰宅する家も無く、行き場を失い寒さと恐怖に震える多くのお年寄りがいらっしゃることを知り、わたしたちは限られた環境下で可能な限り被災した要介護者を受け入れ、その支援にもあたりました。

あの未曾有の災害を経験し、わたしたちは多くを学びました。その学びのすべてを新しい施設づくりに生かし、有事に備え、これまで以上に災害に強い施設を生み出そう、その思いの中で誕生したのがこの特別養護老人ホームラスール伊達です。

長期入所、短期入所、デイサービスセンター、居宅介護支援事業所があり、在宅での暮らしから長期入所に至るまで、お一人おひとりに合わせたプランを提案し、ライフステージに寄り添いながらサービスを提供させて頂きます。

特別養護老人ホーム ラスール伊達の紹介画像

 災害発生時のお客様と職員の安全確保、災害発生後の暮らしの継続、医療的ケアや介護の継続、衛生環境の確保、近隣住民や地域との連携、避難者の受け入れなどあらゆるケースを想定して、ラスール伊達には様々な備えが施されました。3日分の非常食(介護食)や飲料水、紙おむつ、その他の日常生活用品一式は、お客様の各居室内に設置されているチェスト最下段に常備(写真上から4段目左)、近隣住民の方が避難してきた際に受け入れるスペースの確保(写真上から2段目左、同列左から3枚目迄)、またその方たちに供給する飲料水や食料、毛布や日常生活用品をストックするための備蓄庫(写真上から4段目右)、水道水の供給が停止しても手動切替えで地下水を利用して水洗トイレの使用が可能になる装置の設置(写真左下)、大型の自家発電機(写真上から4段目中央右)、街全体が停電になっても、施設の所在を地域の方に知らせる事ができるようにソーラー式の外灯を設置(写真上から3段目右)、大気が汚染された場合密閉した施設内の空気を清浄する機械(写真上から4段目中央左)など、様々な対策を盛り込みました。

特別養護老人ホーム ラスール伊達のパンフレット

  • 特別養護老人ホーム  ラスール伊達
  • デイサービスセンター ラスール伊達
    date-pamphlet-2

※クリックするとPDFのパンフレットが表示されます。

施設概要

サービス
  • 特養
  • ショート
  • デイ
  • 居宅
運営法人 社会福祉法人 湖星会
所在地 福島県伊達市梁川町字東塩野川56-1
TEL 024-527-1255(代表)
FAX 024-527-1256(代表)
開設年月日 2012年9月1日
定員 特別養護老人ホーム ラスール伊達 80名
短期入所 20名
デイサービスセンター 30名(土日30名)
構造規模 鉄骨造2階建
延床面積 4,798.69m2
敷地面積 4,683.56m2

マップ

特別養護老人ホーム ラスール伊達のお問い合わせはこちら